×

ログイン

会員登録はこちら

債券

Japanese Bond

日本債券とは

【日本債券の特徴】
 為替リスクが無く、満期時には原則円ベースでの元本が確保されている商品。社債よりも国債を使った守りの資産運用をするべき投資対象。

国内債券のメリット

 債券とは円建てで発行される債券です。外貨建てで発行される外国債券のような為替リスクもなく、発行している国、企業などが満期まで破綻しなければ、元本が確保されるリスクの低い商品です。ただし、国内では低金利が続いており、高い利回りは期待できません。投資によってリターンを狙う商品というより、株式や外貨資産と組み合わせることによって資産全体のリスクを軽減させるための商品と考えた方が良いでしょう。

国内債券のデメリット

 債券には企業が発行する社債もありますが、発行している会社の信用リスクを取ることになります。守りの投資で敢えて個別企業のリスクを取る必要は無く、日本債券は信用リスクの低い国債を使って運用すべきです。

個人投資家が選択できる日本の国債は、下図①と下図②のような個人向け国債と新型窓口販売方式国債に分けられます。購入単位と金利の決定方法の違いに注意しましょう。

個人向け国債の種類と概要
新型窓口販売方式国債の種類と概要