×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

LINEで送る
Pocket

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件を 集計し、「有楽町沿線駅別マンション投資利回りの平均」の調査結果が、公表されました。
有楽町線沿線は、有楽町線は埼玉県の和光市駅から江東区の新木場駅まで都心部を斜めに 繋ぎ、通勤・通学に便利な沿線ということもあり、全体的に低利回りとなりました。
上位 7 駅は副都心線の乗り入れ区間内であり、有楽町方面だけでなく渋谷方面へもつなが るため利便性が高いこともあり、総じて利便性の良さが利回りの低さに影響している沿線 といえます。
集計対象となった物件としては、ファミリータイプより、駅近の単身 向けが目立つエリアでもあります。
1 位の「平和台駅」は利回り 7.35%で唯一の 7%台。他の駅と比べて、築年数の古さ、専有 面積の狭さ、徒歩分数が利回りに影響していると推測されます。また、埼玉県にはなります が都内に限りなく近い「和光市駅」は利回りが 7.52%でした。
一方、ファミリー向けの物件が多いのが 18 位の「辰巳駅」で利回り 4.70%。昨年から 0.88 ポイント低下しましたが、東雲が徒歩圏内で、ららぽーとなどの商業施設が近くにあり、フ ァミリー層に人気のエリアであることが、要因であることが考えられます。
有楽町線は、池袋より北側が、副都心線とも相互乗り入れしており、池袋など学生に人気の ある街や飯田橋や永田町などのオフィス街へも乗り換えなしで行けるという点が、賃貸需 要の面でも高く、空室になりにくい沿線ということで、投資家からの人気も高く、利回り低下を招いていると思われます。

参考:「不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家 ( けんびや )
https://www.kenbiya.com/press/pre2017-04-25.html

 

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ