×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ラオス政府 最低賃金を2015年4月から44%引き上げ

ラオスタグ:  

LINEで送る
Pocket

ラオス政府 最低賃金を2015年4月から44%引き上げ

ラオス労働社会福祉省は2015年2月9日付で「ラオスの労動者の最低賃金の改正に関するガイドライン」を公布し、2015年4月1日から最低賃金を現行の62万6,000キープから90万キープへ44%引き上げられることになりました。
 この最低賃金は3年3ヵ月ぶりの改定で、全国同額で業種を問わず適用されます。

 現行の公務員最低賃金は2013年10月から90万4,500キープとなっていましたが、今回の民間最低賃金の改定により、公務員の最低賃金とほぼ同レベルに引き上げられることになります。

 ラオスの平均インフレ率は2010年から2014年の年平均で5.7%となっており、今回の引き上げは生活費の上昇や労働者不足問題への対応、隣国への出稼ぎ抑制に必要な措置だと、政府は説明しています。

JETROニュースレ・ポート ビエンチャン事務所
http://www.jetro.go.jp/world/asia/la/biznews/54f00e482ab98

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ