×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ラオスについて

ラオスタグ:  

LINEで送る
Pocket

ラオスについて

ラオスはタイ、ミャンマー、中国、ベトナム、カンボジアに国境を接する内陸国です。 国土の多くは山岳に占められており、森林資源が豊富でかつては人口の8割近くが農業に従事しGDPの4割以上を占める時期もありましたが、近年はサービス業と建設を含む工業部門のウェイトが拡大しています。 背景には外資系企業の進出、外国人観光客の増加、インフラの拡充、経済特区の整備などがあります。

ほぼ本州ほどの面積に約690万人(2014年8月、IMF推計)が暮らしており、首都はビエンチャン、通貨単位はキープが用いられています。 2014年の名目GDPは117.07億ドル、一人当たり名目GDPは1,697.06ドル(いずれもIMF推計)とアジアの他の国と比較すると、 ベトナム(2,072.70ドル)より低く、バングラデシュ(1,179.29ドル)より高い水準となっています。 主な貿易相手国はタイ、中国、ベトナムで、特にタイへの依存度が高く、その影響を受けやすい状態になっています。 2014年はタイ経済の不振と財政支出削減により実質GDP成長率が7.4%に減速(2010年8.1%、2011年8.0%、2012年7.9%、2013年8.0%)した模様ですが、周辺諸国の回復に伴い、2015年は7.7%、2016年は8.1%の成長が見込まれています。 今後ASEAN統合の恩恵を享受する可能性も高いといえるでしょう。

日系企業の進出状況は103社(2013年10月1日現在)、在留邦人は667人(2014年10月現在)とまだ比較的少なく、今後増加が見込まれます。2015年はラオスと日本の外交関係樹立60周年で、3月にラオスのトンシン首相が訪日しています。

<参考>
http://www.jetro.go.jp/wor…/asia/…/data/overview20150310.pdf
http://www.imf.org/external/…/weo/2014/02/weodata/index.aspx

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ