×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2014年不動産投資額は米国が首位、中国と逆転

アメリカタグ:          

LINEで送る
Pocket

2014年不動産投資額は米国が首位、中国と逆転

不動産サービス会社の「クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド」の年次報告によると、不動産投資額で米国は中国を追い抜き、2009年以降では初めて首位に立ちたました。

クッシュマン社によると、2014年の世界の不動産投資額は6.4%減少し1兆2100億ドル(約147兆2000億円)と報告されています。
米州の不動産への投資額は12%増の4100億ドルでしたが、市場規模はピーク時の2007年の71%に過ぎず、米国不動産への投資額は16%増の3240億ドルとのことです。

米国の都市ではニューヨークへの投資額が最も多く、以下、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントン、シカゴ、ボストンが続きます。
世界ではニューヨークが首位を維持し、ロンドン、東京、ロサンゼルス、サンフランシスコが続きました。

クッシュマン社は世界の不動産への投資額は今年、11%増加して1兆3400億ドルになると予想しており、中欧・東欧が30%と最大の伸びを示し、西欧の19%、北米の15%がこれに続く見通しとのことです。
 ただ、2015年の動きについて、「伸びはより大きいもしれないが、変動が大きく、市場ごとに動きが異なるだろう」と慎重な姿勢を見せています。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版(2015年3月12日)より
http://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580513271692738984?cb=logged0.6081367975566536

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ