×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2014年不動産投資額は米国が首位、中国と逆転

アメリカタグ:          

LINEで送る
Pocket

2014年不動産投資額は米国が首位、中国と逆転

不動産サービス会社の「クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド」の年次報告によると、不動産投資額で米国は中国を追い抜き、2009年以降では初めて首位に立ちたました。

クッシュマン社によると、2014年の世界の不動産投資額は6.4%減少し1兆2100億ドル(約147兆2000億円)と報告されています。
米州の不動産への投資額は12%増の4100億ドルでしたが、市場規模はピーク時の2007年の71%に過ぎず、米国不動産への投資額は16%増の3240億ドルとのことです。

米国の都市ではニューヨークへの投資額が最も多く、以下、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントン、シカゴ、ボストンが続きます。
世界ではニューヨークが首位を維持し、ロンドン、東京、ロサンゼルス、サンフランシスコが続きました。

クッシュマン社は世界の不動産への投資額は今年、11%増加して1兆3400億ドルになると予想しており、中欧・東欧が30%と最大の伸びを示し、西欧の19%、北米の15%がこれに続く見通しとのことです。
 ただ、2015年の動きについて、「伸びはより大きいもしれないが、変動が大きく、市場ごとに動きが異なるだろう」と慎重な姿勢を見せています。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版(2015年3月12日)より
http://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580513271692738984?cb=logged0.6081367975566536

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ