×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

好調なアメリカの住宅動向

アメリカタグ:        

LINEで送る
Pocket

好調なアメリカの住宅動向

米連邦住宅金融庁(FHFA)が、3月24日に発表した1月の全米住宅価格指数(季節調整済み)は前年同月比では5.1%の上昇となりました。

2005年12月とほぼ同水準まで回復したことになります。

価格の上昇が目立つのは、全米の中でも南部や西海岸の地域となっています。 また、アメリカ商務省が3月24日に発表した2月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は53万9千戸で、1月に比べ7.8%増え、3ヶ月連続で増加となりました。

前年同月比では、24.8%の大幅な伸びです。 米国経済の好調と共に住宅にも資金が流入し、価格・販売件数共に上昇傾向であることがわかります。

内藤忍
内藤 忍

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役 SHINOBY`S BAR 銀座オーナー 東京大学経済学部卒、MITスローン・スクール卒(MBA)。マネックス証券の創業に参加。2012年から現職。著作は30冊以上。早稲田、明治大学などの講師を務める。

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

> 人気記事をもっと見る

タグ