×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

好調なアメリカの住宅動向

アメリカタグ:        

LINEで送る
Pocket

好調なアメリカの住宅動向

米連邦住宅金融庁(FHFA)が、3月24日に発表した1月の全米住宅価格指数(季節調整済み)は前年同月比では5.1%の上昇となりました。

2005年12月とほぼ同水準まで回復したことになります。

価格の上昇が目立つのは、全米の中でも南部や西海岸の地域となっています。 また、アメリカ商務省が3月24日に発表した2月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は53万9千戸で、1月に比べ7.8%増え、3ヶ月連続で増加となりました。

前年同月比では、24.8%の大幅な伸びです。 米国経済の好調と共に住宅にも資金が流入し、価格・販売件数共に上昇傾向であることがわかります。

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ