×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三井不動産、タイ・バンコクでの56階建て高層マンション建設を決定

タイタグ:          

LINEで送る
Pocket

三井不動産、タイ・バンコクでの56階建て高層マンション建設を決定

2015年3月10日、三井不動産(株)と三井不動産レジデンシャル(株)は両者が共同出資する「MITSUI FUDOSAN(ASIA)PTE.LTD.」(三井不動産アジア、所在地:シンガポール)を通じ、タイ・バンコクでの高層マンション事業「アシュトン・チュラシーロム」(約1,180戸)に参画すると発表しました。
現地有力住宅ディベロッパーであるアナンダ社との共同プロジェクトで進められます。

バンコク都心部のMRT(地下鉄)「サムヤーン」駅徒歩3分。サムヤーンエリアには教育機関や医療機関が多く所在しており、57haを誇るルンピニ公園にもアクセス容易な、生活利便性の高いエリアで、敷地面積約6,752平方メートル、56階建て高層マンション。
2015年4月より販売を開始し、5月建物着工、2018年3月竣工の予定です。

バンコクでは、アナンダ社と共同で3つのプロジェクト(計約3,000戸)を進行中で、今回が共同事業の4つ目となります。これまで日本国内やシンガポールで培ってきた住宅開発・マーケティングなどのノウハウを最大限に生かして事業を推進していくとのことです。

三井不動産「バンコク第4号プロジェクト」ニュースリリースより
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0310_01/index.html

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ