×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三井不動産、クアラルンプール中心地で高層レジデンスを開発

マレーシアタグ:              

LINEで送る
Pocket

三井不動産、クアラルンプール中心地で高層レジデンスを開発

三井不動産はマレーシアの不動産ディベロッパー「イースタン&オリエンタル(E&O)」と共同で、クアラルンプール中心部で高層レジデンスを開発します。

事業名称は「コンレイプロジェクト(仮称)」で、計画地はクアラルンプール中心部において地方君主の別邸が建ち並ぶ古くからの邸宅街で、近年高級住宅地として開発が進行中のエリアです。

またクアラルンプールで最大の商業エリア(ブキビンタン地区)に近接し、高い医療水準でマレーシアを代表するプリンスコートメディカルセンターに隣接しています。
5,812平方メートルの敷地に、東棟(地上29階、地下1階)と西棟(地上39階、地下1階)の2棟(計298戸)を建設します。
2015年8月着工、同10月販売開始、2020年3月竣工の予定となっています。

E&O 社は時価総額約 860 億円(2015 年 3 月時点)のマレーシア上場デベロッパーで、ペナン島の Eastern & Oriental ホテルを買収後リニューアルオープンし、クアラルンプール都心では2007年竣工の「Dua Residency(288戸)」、2012年竣工の「St Mary Residences(655戸)」等の開発を手掛けるなど、クアラルンプール都心の高級マンション開発を得意としています。

三井不動産の東南アジアでの住宅事業は計13件、商業施設事業を加えると計15件となります。
2012年に公表した2017年度までの三井不動産グループ中長期経営計画「イノベーション 2017」では、計画期間中に欧米・アジアにおいて約5,000億円の投資を行うことを表明しています。

三井不動産 プレスリリース(2015年3月23日)より
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0323_01/download/20150323.pdf

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ