×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジア最低賃金が急上昇、直近3年で2倍へ

カンボジアタグ:          

LINEで送る
Pocket

カンボジア最低賃金が急上昇、直近3年で2倍へ

カンボジアの最低賃金は2012年の月額61ドルから、2013年以降急速に上昇しており、2015年の最低賃金は月額128ドルと、過去3年で2倍になっています。
カンボジア政府が発表する賃金推移の見通しを上回る水準での賃上げがなされています。

カンボジアの最低賃金は、周辺国と比較するとまだ相対的に安価な水準であることや、物価の上昇や経済成長に鑑みると妥当な水準との評価もある一方で、3年間で100%以上も上昇する急速な変化や、予測しづらい賃金水準の決定方法など、企業が経営の見通しを立てづらい状況となっています。

大和総研 アジアンインサイト 2015年3月26日より
http://www.dir.co.jp/consulting/asian_insight/20150326_009588.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ