×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

IMF、カンボジア経済成長率を2020年まで7%台維持と予測

カンボジアタグ:            

LINEで送る
Pocket

IMF、カンボジア経済成長率を2020年まで7%台維持と予測

国際通貨基金(IMF)が、2015年4月14日に発表した『WORLD ECONOMIC OUTLOOK 2015』で、カンボジアのGDP成長率を、前回とほぼ同じと予測し、2015年7.2%(前回7.3%)、2016年7.2%と好調が続くとしています。

また、2017年以降も2020年まで7.3%〜7.4%の成長が続くと予測しており、中期的にも好調な成長が続くとしています。

一人当たりGDPも、2013年に1000ドルを突破して1018ドルとなり、2015年は1146ドル、2020年には1637ドルに達すると見ています。

物価上昇率は、最近の原油価格の下落を織り込んで今年の予測を大幅に引き下げており、2014年3.9% (前回3.8)%、2015年マイナス0.3% (前回3.2%)、2016年2.5%と見込んでいます。

原油価格の下落等により国際収支も改善するとしていて、経常収支の赤字(対GDP比)も2014年12.0%、2015年10.0%、2016年9.3%と減少を続け、2020年には5.3%まで縮小すると予測しています。

参考:『IMF WORLD ECONOMIC OUTLOOK 2015』 2015年4月
http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2015/01/

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ