×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年2月 全米20都市住宅価格指数は前年比5%上昇

アメリカタグ:          

LINEで送る
Pocket

2015年2月 全米20都市住宅価格指数は前年比5%上昇

2015年2月の米国20都市の住宅価格は前年比5%増と市場予想を上回るペースで上昇しました。

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の「ケース・シラー住宅価格指数」 は2015年2月に前年比で5%上昇し、前年比の伸び率としては昨年2014年8月以降で最も高くなりました。
前月1月は4.5%上昇となっており、ブルームバーグがまとめたエコノミスト28人の予想平均は4.7%上昇でした。
ちなみに、全米の住宅価格指数は4.2%上昇しています。

HSBCセキュリティーズUSAのエコノミストは、「住宅価格を押し上げている要因は複数ある。一つは住宅需要がある。また在庫があまり増えていないことも挙げられる」と述べ、「価格の上昇ペースは緩やかであり、年内はこの状況が続くだろう」と分析しています。

季節調整後の20都市住宅価格指数は前月比で3カ月連続0.9%上昇となっており、ブルームバーグがまとめた予想中央値は0.7%上昇でした。

前年比の住宅価格が特に上昇したのはデンバーで10%上昇しており、続くサンフランシスコが9.8%で、一方、ワシントンは1.4%と最も小幅な伸びに留まりました。

参考:ブルームバーグ 海外ニュース(2015年4月28日)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NNITG66JTSEC01.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ