×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ラオス国営航空GWに成田直行チャーター便を運行

ラオスタグ:          

LINEで送る
Pocket

ラオス国営航空GWに成田直行チャーター便を運行

ラオス国営航空が、2015年5月のゴールデンウィークにビエンチャンと成田間の直行チャーター便を運行する事を発表致しました。

現在ラオスへの直行定期便は無く、ベトナムやタイを経由することとなります。そのためラオス国営航空では、この数年、首都ビエンチャンや世界遺産の街ルアンパバンへの直行チャーター便を運行しており、密かな人気を集めています。

ラオスを訪れる日本人観光客は毎年増加傾向にありますが、隣国タイに比べると圧倒的に少ない状況です。

ラオスは、中国、ベトナム、タイなどに囲まれ、人口も700万人弱の小国家で、山岳に囲まれた国土には大小50前後の少数民族が、伝統を守りながら暮らしています。

まだまだ、日本には紹介されていない観光スポットも多く、東南アジアではミャンマーと共に、最後の秘境としてバックパッカーの人気を集めています。

ラオス国営航空日本支社では、ラオス国内のパッケージツアーなども個人向け、団体向けそれぞれ紹介しており、急激な開発が進む首都ビエンチャンを避け、地方を巡るのが旅行ツアー主流になっています。

参考:Global News Asia(2015年4月20日)

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=1814&&country=5&p=2

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ