×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2014年下期、セブ不動産市場は堅調に推移

フィリピンタグ:            

LINEで送る
Pocket

2014年下期、セブ不動産市場は堅調に推移

総合不動産コンサルティング会社「コリアーズ・インターナショナル(コリアーズ)・フィリピン」が発表した2014年下半期(7~12月)のセブ不動産市場レポートによると、2014年末のセブ都市圏(メトロ・セブ)のオフィスストックは2007年の22万2,000㎡から3倍増の64万8,400㎡へと7年間で急増しています。
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の継続的な進出が成長を支え、2014年の平均成長率は16.5%となっており、BPO業界は新たに3万 4,500㎡近いスペースを占有し、8,600人分余りの新規雇用を創出したとのことです。

米国系アウトソーシング・コンサルタント大手のTholons(ソロンズ)の最新調査によると、セブ市は世界のアウトソーシング最適地の第8位にランクされ、2014年下半期には、カナダ系保険会社大手マヌライフがマクタン・ニュータウンの2ワールド・センターにサービスセンターを開設しています。

セブ都市圏全体の下半期のオフィス空室率は7.9%で、上半期の5.2%を上回っています。
月間賃貸料に関しては、セブITパークの平均月間賃貸料は505ペソ/㎡と前期から変わらず。一方セブビジネスパークでは前期比2.0%増の512ペソ/㎡と僅かに上昇しています。

住宅不動産に関しては、2014年に市場に供給された約3,000戸の約75%が下半期に完成し、その7割がセブ市に集中しています。
2014年下半期に完成した住宅 用コンドミニアムはアビダ・タワー・セブ・タワー1(518戸)、ワン・パビリオン・プレイス・ノース&サウスタワー(550戸)、Calyx レジデンス(238戸)、セドナ・パルク(114戸)等があります。

2014年下半期のセブ市住宅市場全体の空家率は20.9%と高かったのですが、これは当期に住宅1,830戸が完成し新たに市場に供給されたからです。

セブ 住居用コンドミニアム供給ストック予想
セブ住居

 

セブ市の賃貸料と中古住宅市場価格(半~全家具付)
セブの賃料

 

参考:コリアーズ・インターナショナル・フィリピン 「セブ不動産市場レポート(2014年下半期)」
http://www.colliers.com/-/media/DBB2049335194C5AB57233400C67D37A.ashx?la=en-GB

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ