×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マレーシア、2015年の経済成長は5%

マレーシアタグ:            

LINEで送る
Pocket

マレーシア、2015年の経済成長は5%

マレーシア経済研究所(MIER)は、2015年の国内経済は5%成長すると見込んでいます。

世界銀行が予想している4.7%や国際通貨基金(IMF)の4.8%予想を超える数字ですが、MIERの所長は「外国の経済が回復した場合は国内経済も良い影響を受けると指摘。慎重ながらも楽観的な見通しを持っているとした上で、中国経済は減速傾向にあるが日本や欧州経済は回復の兆しを見せている」と説明しています。

またMIERは2016年の経済成長率は5.5-6%となると予想しており、「経済成長率は国民生活には反映されないと言われるが、生活費のコストを削減し、人々の暮らしをより良くすることが重要。また、石油価格は下がっているが経済のファンダメンタルズは強固であり、通貨リンギも短期的には回復する」との予想を示し、1米ドル3.50リンギ台に回復するとしています。

MIERが実施した調査によると、企業景況感は今年101ポイントとなっており、昨年2014第4四半期の86.4ポイントと比べてより楽観的な見方が広がっていることが明らかになっています。

参考:ザ・スター・オンライン(2015年4月23日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150417/mcb1504170500021-n2.htmhttp://www.thestar.com.my/Business/Business-News/2015/04/23/Mier-sees-5-growth/?style=biz

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ