×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マレーシア、2015年の経済成長は5%

マレーシアタグ:            

LINEで送る
Pocket

マレーシア、2015年の経済成長は5%

マレーシア経済研究所(MIER)は、2015年の国内経済は5%成長すると見込んでいます。

世界銀行が予想している4.7%や国際通貨基金(IMF)の4.8%予想を超える数字ですが、MIERの所長は「外国の経済が回復した場合は国内経済も良い影響を受けると指摘。慎重ながらも楽観的な見通しを持っているとした上で、中国経済は減速傾向にあるが日本や欧州経済は回復の兆しを見せている」と説明しています。

またMIERは2016年の経済成長率は5.5-6%となると予想しており、「経済成長率は国民生活には反映されないと言われるが、生活費のコストを削減し、人々の暮らしをより良くすることが重要。また、石油価格は下がっているが経済のファンダメンタルズは強固であり、通貨リンギも短期的には回復する」との予想を示し、1米ドル3.50リンギ台に回復するとしています。

MIERが実施した調査によると、企業景況感は今年101ポイントとなっており、昨年2014第4四半期の86.4ポイントと比べてより楽観的な見方が広がっていることが明らかになっています。

参考:ザ・スター・オンライン(2015年4月23日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150417/mcb1504170500021-n2.htmhttp://www.thestar.com.my/Business/Business-News/2015/04/23/Mier-sees-5-growth/?style=biz

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ