×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

フィリピン、成人の銀行口座保有率31%に上昇

フィリピンタグ:              

LINEで送る
Pocket

フィリピン、成人の銀行口座保有率31%に上昇

世界銀行によると、フィリピンの成人のうち、銀行や電子決済サービスで口座を保有する人の割合は、2011年の26.6%から2014年は31.3%に上昇したとのことです。金融サービスの拡充や国民の金融知識の向上が、保有率の上昇に貢献しています。

低所得者の銀行口座保有率が特に高まっており、成人所得者のうち下位4割の層では、保有率が2011年の10.7%から2014年は17.8%に急伸しています。性別の保有率は、男性の24.4%に対し、女性が37.9%と上回っています。

一方で、フィリピンでは未だに家族や友人同士の金銭貸借が半数を占め、国内での送金も銀行ではなく送金業者を利用する人が多いことなどから、口座保有率が近隣国に比べて低く留まっているのも事実です。

ちなみに近隣国の口座保有率はマレーシアが81%、タイが78%、インドネシアが36%、ベトナムが31%などで、世界平均は62%となっています。

フィリピン政府は2014年に、外資系銀行の参入規制を緩和するなど金融改革を進めており、今後、フィリピンは個人向け銀行サービスの成長が期待されています。

参考:SankeiBiz 海外情勢 (2015年5月12日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/photos/150512/mcb1505120500005-p1.htm

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ