×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年第1四半期のマレーシア住宅不動産取引、前期比6.2%減少

マレーシアタグ:          

LINEで送る
Pocket

2015年第1四半期のマレーシア住宅不動産取引、前期比6.2%減少

マレーシア国家不動産情報センター(NAPIC)が発表した「2014年度版不動産市場報告書」(2015年4月20日)によると、2015年第1四半期の不動産取引は、前年同期比で4.6%減少し、2014年第4四半期比では6.2%減少した事が分かりました。

2014年第1四半期の取引件数は9万2,900件で、同年第4四半期には9万4,500件に一時増加したものの、2015年第1四半期には8万8,600件に減少しています。

2014年第1四半期の取引額は400億リンギでしたが、2014年第4四半期は386億リンギ、2015年第1四半期には385億リンギに減少しました。

2014年通年の住宅取引額は1,629億7,000万リンギとなり、前年比で7%増加し、取引件数では38万4,060件で0.8%増加でした。
取引額では住宅不動産が50.4%、商業不動産が19.5%を占めました。
一方で取引件数のシェアが多かったのは住宅不動産で64.4%となり、農業不動産が18.8%、商業不動産が9.3%を占めました。

報告書によると、2014年には100万リンギ以上の住宅不動産が多く発表される一方で、2010年から2014年までの住宅不動産の需要は、50万リンギ以下の物件の人気が高いことが分かりました。

20万リンギ以下の物件のシェアは43.1%、20万から50万リンギの物件シェアが41.3%とほぼ同レベルとなっています。

参考:マレーシア国家不動産情報センター(NAPIC)
http://napic.jpph.gov.my/portal/web/guest/main-page
「ANNUAL PROPERTY MARKET REPORT 2014」(2015年4月20日)
http://napic.jpph.gov.my/portal/web/guest/main-page?p_p_id=ViewHighlights_WAR_ViewHighlightsportlet&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-1&p_p_col_count=2&_ViewHighlights_WAR_ViewHighlightsportlet_action=renderViewHighlightScreen&highlightId=3237&pageno=1&showButton=true

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ