×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

地価上昇続くマンハッタンのミッドタウン・サウス地区

アメリカタグ:            

LINEで送る
Pocket

地価上昇続くマンハッタンのミッドタウン・サウス地区

かつては倉庫や商品展示スペースが立ち並んでいた米ニューヨーク市マンハッタンのミッドタウン・サウス地区は、近年、IT最先端産業の企業が押し寄せ人材が流入しており、地価上昇が目立っています。

不動産コンサルタント会社コリアーズ・インターナショナルによると、2015年第1四半期には同地区のオフィスの平均家賃が1平方フィートあたり62.02ドルと過去最高を記録し、地価の上昇は17四半期連続で、過去最長となったとのことです。
また、空室率は6.1%で米国の主要なビジネス地区としては最低レベルとなっています。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスが労働統計局のデータを分析したところ、IT企業は2009年末以降、ニューヨーク市で新たに約8万人を雇用したことが判明し、金融業界の3万人に比べ2倍以上のハイペースとなっています。

人気の理由は、大都市に住むという魅力と、いわゆる「TAMI(テクノロジー、広告、メディア、情報)」業界の企業が同じ地区に集まっていることだと言われています。

ミッドタウン・サウス地区の賃貸にTAMI企業が占める割合は2004年の14.6%から2014年は37.5%に急拡大し、反対に金融や法務、会計、保険業界は2004年の53%から2014年は29.5%に低下しています。

グーグル 、フェイスブック などのシリコンバレー企業の多くが、有能な人材に魅力を感じてもらい彼らを引き留めるために、ニューヨークに人財集めの拠点を置いています。

参考:ロイター 最新経済ニュース(2015年5月22日)
http://jp.reuters.com/art…/marketsNews/idJPL3N0YD18920150522

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ