×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

フィリピン観光競争力74位に上昇

フィリピンタグ:            

LINEで送る
Pocket

フィリピン観光競争力74位に上昇

フィリピンは、世界経済フォーラムが隔年で発表している「旅行・観光競争力報告書」の2015年版で、141カ国・地域中74位となり、前回2013年版の82位から順位を8つ上げました。

このランキングは、観光政策やビジネス環境、観光資源、衛生、インフラなどについて14分野90項目を評価し、指数化して順位付けさます。
フィリピンは、14分野のうち、価格競争力が24位、観光業への政策優先度が27位、国際的開放度が29位、自然資源が49位と高評価を得ました。

世界経済フォーラムのエコノミストは、フィリピンが政府予算の6%超を観光関連事業に充てたほか、観光査証(ビザ)制度を改善し、世界人口の約8割がビザなしでフィリピンに滞在可能となったことなども、観光競争力の向上につながったとみています。

一方で、フィリピンは観光サービス関連インフラが82位、陸上・港湾インフラが93位、持続可能な環境保全が122位、セキュリティーが128位となっており、観光インフラの整備や旅行者の安全対策などが課題となっています。

また、近隣のASEAN各国ではシンガポールが11位、次いでマレーシアが25位、タイが35位、インドネシアが50位となっており、フィリピンは順位を上げたものの遅れをとっています。

フィリピンは2014年の外国人旅行者数が500万人で、2015年は860万人を目標に掲げています。今後、観光インフラの整備推進など旅行者誘致に向けたフィリピン政府の実行力が問われています。

参考:SankeiBiz 海外情勢(2015年5月26日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/photos/150526/mcb1505260500007-p1.htm

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ