×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

フィリピン観光競争力74位に上昇

フィリピンタグ:            

LINEで送る
Pocket

フィリピン観光競争力74位に上昇

フィリピンは、世界経済フォーラムが隔年で発表している「旅行・観光競争力報告書」の2015年版で、141カ国・地域中74位となり、前回2013年版の82位から順位を8つ上げました。

このランキングは、観光政策やビジネス環境、観光資源、衛生、インフラなどについて14分野90項目を評価し、指数化して順位付けさます。
フィリピンは、14分野のうち、価格競争力が24位、観光業への政策優先度が27位、国際的開放度が29位、自然資源が49位と高評価を得ました。

世界経済フォーラムのエコノミストは、フィリピンが政府予算の6%超を観光関連事業に充てたほか、観光査証(ビザ)制度を改善し、世界人口の約8割がビザなしでフィリピンに滞在可能となったことなども、観光競争力の向上につながったとみています。

一方で、フィリピンは観光サービス関連インフラが82位、陸上・港湾インフラが93位、持続可能な環境保全が122位、セキュリティーが128位となっており、観光インフラの整備や旅行者の安全対策などが課題となっています。

また、近隣のASEAN各国ではシンガポールが11位、次いでマレーシアが25位、タイが35位、インドネシアが50位となっており、フィリピンは順位を上げたものの遅れをとっています。

フィリピンは2014年の外国人旅行者数が500万人で、2015年は860万人を目標に掲げています。今後、観光インフラの整備推進など旅行者誘致に向けたフィリピン政府の実行力が問われています。

参考:SankeiBiz 海外情勢(2015年5月26日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/photos/150526/mcb1505260500007-p1.htm

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ