×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ラオスでJCBが現地大手商業銀行とカード業務で提携

ラオスタグ:          

LINEで送る
Pocket

ラオスでJCBが現地大手商業銀行とカード業務で提携

2015年5月25日、日本発唯一の国際ペイメントブランド運営主体である株式会社ジェーシービーの海外業務を行う子会社、「ジェーシービー・インターナショナル」は、ラオスの大手商業銀行である「BANQUE POUR LE COMMERCE EXTERIEUR LAO PUBLIC(BCEL)」とJCBカードの発行業務で提携することを発表致しました。
発表当日からJCBクレジットカードの発行が開始されます。

BCELは1975年に設立された大手商業銀行であり、ラオス国内に19の支店と65の営業所を展開し、カード事業においてラオス国内最大規模を誇ります。
JCBとBCELは加盟店業務で2013年から提携しておりました。

このたび発行となる「BCEL−JCBカード」は、スタンダードとゴールドの2種類を用意されており、両社の提携は、アジアにおける JCB カードの会員基盤を拡大したいJCB と、JCB との提携により顧客に対し新たなサービスを拡充したい BCEL との狙いが合致し実現しました。

JCBはラオスにおいて、2014年にクレジットカードを発行しており、今回のBCELとの発行によりラオスでJCBカードを発行する金融機関は2行となります。

参考:株式会社ジェーシービー プレスリリース(2015年5月25日)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000011361.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ