×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ラオスでJCBが現地大手商業銀行とカード業務で提携

ラオスタグ:          

LINEで送る
Pocket

ラオスでJCBが現地大手商業銀行とカード業務で提携

2015年5月25日、日本発唯一の国際ペイメントブランド運営主体である株式会社ジェーシービーの海外業務を行う子会社、「ジェーシービー・インターナショナル」は、ラオスの大手商業銀行である「BANQUE POUR LE COMMERCE EXTERIEUR LAO PUBLIC(BCEL)」とJCBカードの発行業務で提携することを発表致しました。
発表当日からJCBクレジットカードの発行が開始されます。

BCELは1975年に設立された大手商業銀行であり、ラオス国内に19の支店と65の営業所を展開し、カード事業においてラオス国内最大規模を誇ります。
JCBとBCELは加盟店業務で2013年から提携しておりました。

このたび発行となる「BCEL−JCBカード」は、スタンダードとゴールドの2種類を用意されており、両社の提携は、アジアにおける JCB カードの会員基盤を拡大したいJCB と、JCB との提携により顧客に対し新たなサービスを拡充したい BCEL との狙いが合致し実現しました。

JCBはラオスにおいて、2014年にクレジットカードを発行しており、今回のBCELとの発行によりラオスでJCBカードを発行する金融機関は2行となります。

参考:株式会社ジェーシービー プレスリリース(2015年5月25日)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000011361.html

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ