×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マカティ市の高級物件賃貸料、一年間で5%上昇

フィリピンタグ:              

LINEで送る
Pocket

マカティ市の高級物件賃貸料、一年間で5%上昇

不動産コンサルティング企業の「コリアーズ・インターナショナル(コリアーズ)」が、フィリピンの不動産市場概観2015年第1四半期(1~3月)動向、及び12カ月後の見通しを発表しました。
フィリピンの住宅不動産市況は依然堅調であり、建設の遅れによる供給薄により、マニラ首都圏主要エリアで高級物件の賃貸料が上昇しています。

コリアーズが観察しているマニラ首都圏主要5エリアでは、2015年第1四半期に4つのコンドミニアム(合計1,649戸)が完成しました。
コリアーズは、物件の建設遅れで、今年予定された新規住宅供給が来年にずれ込む見通しであるとし、2015年に完成するコンドミニアムの戸数を8,253戸と予想しています。

マニラ主要地区土地価格推移(単位:万ペソ/ ㎡)
1

住宅新規供給予想と在庫総数予想(単位:戸)
2

マカティCBDの住宅需要は高級物件Aクラスの需要が前期より高まり、空家率が3.6%と低くなりました。その他ク ラスの住宅空家率は8.6%で前期から0.1%ポイント上昇し、全般的に0.2%ポイント減の7.9%に低下しました。コリアーズは、今後12カ月間に市場へ供給される新築住宅を考慮し、16年第1四半期の空家率を11.1%と予想しています。

マカティCBDの住宅空家率
3

家賃に関しては、高い需要に加えて建設工事の遅れにより、賃貸料が値上がりしています。マカティCBDの高級3ベッドルーム(BR)住宅の平米当たり平均月間賃貸料は前期比1.3%増の848ペソに上昇し、ロックウェルやフォート・ボニファシオでも同様の傾向が見られ、ロックウェルでは1.7%増、BGCでは1.5%増となっています。
コリアーズは、1年後の16年第1四半期末にマカティCBDの賃貸料は4.7~5.1%上昇すると予想しています。

住宅不動産価格は、マカティCBC地区では前期比1.3%増の10万3,000ペソ~19万2,000ペソ/㎡、ロックウェル地区は3.7%増の11万9,000ペソ~18万9,000ペソ/㎡、BGCは3.5%増の11万3,000~18万ペソ/㎡の幅に上昇しています。
コリアーズは1年後の16年第1四半期末に、物件価格は5.1%~6.3%上昇すると予想しています。

参考:コリアーズ・インターナショナル「1Q 2015 Philippine Research & Forecast Report」(2015年5月)
http://www.colliers.com/en-gb/philippines/insights

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ