×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

タイ新規住宅供給 2015年1~4月は前年同期比9.4%減

タイタグ:            

LINEで送る
Pocket

タイ新規住宅供給 2015年1~4月は前年同期比9.4%減

タイ政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)は、バンコクと近隣県における2015年1~4月の新規住宅供給が前年同期比9.4%減の2万7,360戸と発表しました。
内訳は、低層住宅が8%減の1万1,270戸、コンドミニアム(分譲マンション)が10.5%減の1万6,090戸でした。

今年2015年の新規住宅供給については、政府の予算執行、バンコクと近隣県の新たな鉄道路線の開発によって、前年の5万1,600戸から10%増加すると予測しています。
ただ、コンドミニアムは、7万2,900戸から6万8,000~6万9,000戸に5.3~6.7%減少するとみており、開発業者が中高価格帯の物件に力を入れ、200万バーツ(約720万円)以下の物件の着工を延期しているためとのことです。

2014年のコンドミニアム供給は20万5,998戸で、販売価格は計6,080億バーツでした。
尚、2014年末のコンドミニアムの在庫は5万7,324戸で、販売価格としては計1,484億バーツに相当し、このうち53%を低価格の物件が占めました。

参考:BANGKOK POST ビジネスニュース(2015年5月20日)
http://www.bangkokpost.com/business/news/566759/housing-projects-gain-ground-while-condos-fade-says-reic

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ