×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

バンコク中心部の高級コンドミニアム市場が過熱

タイタグ:            

LINEで送る
Pocket

バンコク中心部の高級コンドミニアム市場が過熱

不動産仲介大手の米系CBREタイランドは、2015年のバンコク中心部(CBD)の新規コンドミニアム戸数が前年比64%増の1万2,000戸となり、そのうち70%が高級物件と予測しています。

2015年第1四半期(1~3月)は前年比62%増の2,008戸で、60%が高級物件でした。
香港、シンガポール、台湾などの投資家がバンコク中心部の高級物件に関心を示しており、今年は1平方メートル当たり35万バーツ(約130万円)に達する物件が出ると予測しています。
CBREが仲介した物件を外国人が購入した比率は昨年第4四半期の18%から今年第1四半期は22%に上昇しているとのことです。

ちなみにCBREは、高級物件を3段階に分類しています。
「ハイエンド」を1平方メートル当たり12万~20万バーツ、もしくは1戸500万バーツ以上。
「ラグジュアリー」を20万~30万バーツ、もしくは1戸1,000万バーツ以上。
「スーパーラグジュアリー」を30万バーツ以上、もしくは1戸2,000万バーツ以上。

参考:BANGKOK POST ビジネスニュース(2015年5月23日)
http://www.bangkokpost.com/business/news/570403/luxury-condo-market-hot

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ