×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

バンコク中心部の高級コンドミニアム市場が過熱

タイタグ:            

LINEで送る
Pocket

バンコク中心部の高級コンドミニアム市場が過熱

不動産仲介大手の米系CBREタイランドは、2015年のバンコク中心部(CBD)の新規コンドミニアム戸数が前年比64%増の1万2,000戸となり、そのうち70%が高級物件と予測しています。

2015年第1四半期(1~3月)は前年比62%増の2,008戸で、60%が高級物件でした。
香港、シンガポール、台湾などの投資家がバンコク中心部の高級物件に関心を示しており、今年は1平方メートル当たり35万バーツ(約130万円)に達する物件が出ると予測しています。
CBREが仲介した物件を外国人が購入した比率は昨年第4四半期の18%から今年第1四半期は22%に上昇しているとのことです。

ちなみにCBREは、高級物件を3段階に分類しています。
「ハイエンド」を1平方メートル当たり12万~20万バーツ、もしくは1戸500万バーツ以上。
「ラグジュアリー」を20万~30万バーツ、もしくは1戸1,000万バーツ以上。
「スーパーラグジュアリー」を30万バーツ以上、もしくは1戸2,000万バーツ以上。

参考:BANGKOK POST ビジネスニュース(2015年5月23日)
http://www.bangkokpost.com/business/news/570403/luxury-condo-market-hot

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ