×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年第1四半期 カンボジア来訪航空旅客数、前年比11.7%増

カンボジアタグ:            

LINEで送る
Pocket

2015年第1四半期 カンボジア来訪航空旅客数、前年比11.7%増

カンボジア空港会社にによると、2015年1-3月期(第1四半期)のカンボジアへの空路による訪問旅客数は、前年同期の82万3260人から11.7%増加し、91万9550人に達しました。
プノンペン空港は38万969人で前年同期比15.2%増となり、シェムリアップ空港は53万8581人で同9.3%増でした。

訪問旅客数増加の要因は、観光の魅力に加え、ビジネスでもカンボジアが魅力的になっているためと分析されています。また、引き続き、観光の多様化が必要であると指摘されています。プノンペン、シェムリアップともに空港の拡張工事中であり、完成後はより多くの訪問客に対応できるものと期待されます。

参考:モーニングスター 新興国ニュース(2015年6月1日)
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=334EF4A2E4C3B7DDF7E4912D9BAB7CEE?rncNo=1579102&newsType=emerging

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ