×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

親日度、ベトナムが2年連続1位

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

親日度、ベトナムが2年連続1位

電通が発表した「ジャパンブランド調査2015」で、日本に対する好意度が最も高かったのは、前年に引き続きベトナムでした。

この調査は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業で、顧客企業のマーケティング活動支援を目的に実施されています。
調査対象は世界20か国・地域で、食や観光、日本産製品など「ジャパンブランド」全般に関する海外消費者の意識と実態を把握し、親日度(日本に対する好意度)の地域別状況、日本及び日本産製品に対する興味関心やイメージの詳細なデータを収集しています。
調査対象者は中間所得層以上の20~59歳の男女で、サンプル数は、世界20か国・地域ごとに200で、合計4000となっています。

東南アジア地域の親日度が高く、ベトナムと同じスコアで台湾が1位となり、3位にタイ、4位にフィリピン、7位に香港、同じスコア8位にシンガポールとマレーシアとなっています。

参考:電通 ニュースリリース(2015年6月22日)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0622-004078.html

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ