×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

日本格付研究所 フィリピンを「BBB+」に一段階引き上げ

フィリピンタグ:        

LINEで送る
Pocket

日本格付研究所 フィリピンを「BBB+」に一段階引き上げ

日本格付研究所(JCR)は2015年7月6日に、フィリピンの格付けについて「BBB+」へ一段階引き上げを発表致しました。

「外貨建長期発行体格付」と「ペソ建て長期発行体格付」ともに、これまでの「トリプルB(BBB)」から「トリプルBプラス(BBB+)」へと引き上げ、格付見通しを安定的としました。
トリプルBプラス(BBB+)は投資適格最低基準の2段階上であり、A格付が視野に入ったといえます。

ちなみに、世界三大格付期間の一つである米ムーディーズ・インベスターズ・サービス (ムーディーズ)は、2014年12月11日に、フィリピンの格付を一段階引き上げ、投資適格最低基準よりも一段階上の「Baa2」としています。「Baa2」は他の格付機関のトリプルB(BBB)と同格となります。
また米スタンダード&プアーズ(S&P)は、2014年5月8日に、投資適格最低基準である「トリプルBマイナス(BBB-)」から「トリプルB(BBB)」へと引き上げ、投資適格最低基準を一段階上回るステータスと格付けしています。
一方、欧州フィッチ・レーティングス(フィッチ)は、2015年3月17日に、フィリピン格付けを投資最低基準であるトリプルBマイナス(BBB-)に据え置くと発表しています。

つまり、今回のJCRのフィリピン格付はムーディーズとS&Pよりも一段階上、フィッチよりも2段階上となっています。

JCRは今回のフィリピン格付引き上げの理由として①改善が進む政府財政ポジション、②良好な対外ポジション、③総じて安定した政治社会情勢、④海外労働者送金に支えられた底堅い内需と設備投資の拡大をを牽引役に比較的高い経済成長が続く可能性が高まっていることなどを挙げています。

さらに、「2014年のフィリピン一人当たりGDPは 2,851ドルに達し、経済は堅調な内需を下支えに6%程度の成長を続ける可能性が高いと考えられる。経常収支は、海外労働者送金、ビジネス・プロセス・アウト・ソーシング(BPO)産業ならびに観光産業に支えられ、引き続き黒字が続くと見られる。財政面では、アキノ政権は適切な債務管理政策を堅持しつつ、内国歳入庁や関税局の改革を通じた徴税強化などにより2015年以降財政赤字をGDP比2%以内に抑制する方針であることから、政府財政ポジションは緩やかな改善傾向が続きそうである」と説明しています。

参考:日本格付研究所「ソプリン・国際機関」格付リリース(2015年7月6日)
http://www.jcr.co.jp/rat_sove/rat_list.php

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ