×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ITブームに沸くシアトルの高級住宅市場

アメリカタグ:      

LINEで送る
Pocket

ITブームに沸くシアトルの高級住宅市場

米太平洋岸北部で不動産価格が上昇し、シアトルの高級不動産市場がIT関連企業の進出で活気づいています。
マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムといった大手IT関連企業が拠点としていた街に、カリフォルニア州のIT企業集積地よりも比較的手頃な不動産と、地元の優秀な人材を求めてIT関連企業が進出するという「テクノロジーブームの北上現象」が起こっています。
この1年間でもベストバイ、アリババ、HBOがここにIT関連施設を開設したか、開設を発表しています。

シアトルの不動産市場は全体としては安定していますが、ダウンタウンに近い高級住宅は値上がりし、150万ドル(約1億8000万円)を超える物件の2015年5月の相場は1平方フィート(0.093平方メートル)当たり平均価格は494ドルで、昨年同月比で10%上昇しています。

国勢局の統計によれば、2013年のシアトルの人口は65万2405人で、2010年の60万8662人から、4万4000人近く増加しています。

150万ドル(約1億8000万円)を超える物件の5月の相場は平均で1平方フィート(0.093平方メートル)当たり約494ドルで前年同月比10%高となった。街の人口も2010年の約61万人から、13年には約65万人に増えています。

シアトルに住む魅力はダウンタウンに簡単に行けることで、中心部は人口密度規制地区として、高級住宅のほとんどが一戸建てで、職住接近を求める最富裕層向け住宅に制限されています。

参考:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版(2015年7月10日)
http://jp.wsj.com/articles/SB11807971170009143901604581099232598902752?mod=WSJJP_Life_4_2_Right_Headlines

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ