×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジア 2016年Q1の建設投資額が前年比3.6倍へ

カンボジアタグ:                    

LINEで送る
Pocket

カンボジア 2016年Q1の建設投資額が前年比3.6倍へ

カンボジアの土地管理・都市計画・建設省によると、2016年第1四半期の国内外企業による建設事業への投資額は16億5000万ドル(約1800億円)に達し、前年同期比で3.6倍に拡大しているとの事です。

カンボジアは堅調な経済成長を続けていることに加え、建設分野には外資規制がなく投資しやすい環境が整っており、安価で豊富な労働力や建築資材の調達が容易なことなども、建設分野への投資を押し上げているようです。

2016年第1四半期の投資案件は473件、事業総面積は370万平方メートルに上っており、さらに今後も建設分野への投資が急増すると予測されています。
2016年5月には中国系ディベロッパーが2億5000万ドルを投じ、32階建て高層マンションの建設計画を発表しています。

一方で、米系不動産仲介大手CBREのカンボジア現地法人は、建設ラッシュに伴う供給過多により不動産価格が下落すれば、今後の投資に影響を与えるだろうと懸念を示しています。

The Phnom Pehn Post プロパティニュース 2016年5月12日
http://www.phnompenhpost.com/post-property/foreign-developers-cause-property-market-surge

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ