×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2016年世界平和度指数ランキング 日本は9位

不動産投資ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

2016年世界平和度指数ランキング 日本は9位

オーストラリアに本部をおく経済・平和研究所(IEP)が、2007年より毎年発表している「2016年 世界平和度指数(グローバル・ピース・インデックス=GPI)」によると、調査対象の163か国・地域の中で日本は1395ポイントと9位になりました。

この平和度指数は国内対立による犠牲者数、一定の人口当たりの殺人件数、国内総生産(GDP)に占める軍事支出など、平和度を評価する23項目を基に総合点を算出したもので、平和な国ほど総合点が低くなります。

2016年の報告書によれば、2015年の全世界の紛争や暴力による経済的影響は前年比2%減の13兆6000億ドル(約1450兆円)となり、2014年の全世界のGDPの13.3%に相当するとの事です。

Institute for Economics and Peace (IEP)
「2016 Global Peace Index」 2016年6月8日
http://www.visionofhumanity.org/#/page/our-gpi-findings

 

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

日本銀行 「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)を公表

不動産投資ニュース

日本銀行 「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)を公表

1月16日に日本銀行が「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)」を発表 ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

> 人気記事をもっと見る

タグ