×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

世界銀行 カンボジアを「低・中所得国」に格上げ

カンボジアタグ:            

LINEで送る
Pocket

世界銀行 カンボジアを「低・中所得国」に格上げ

世界銀行は、毎年7月に各国の所得分類を見直しており、2016年の見直しで、カンボジアがこれまでの「低所得国」から、「低・中所得国」に格上げされました。 ちなみに、世界銀行の所得分類は、1人当たり国民総所得(GNI)を基準に決定され、2016年の基準は、2015年の1人当たりGNIが1025ドル(約11万円)以下ならば「低所得国」、1026ドルから4035ドルならば「低・中所得国」、4036ドルから12475ドルは「高・中所得国」、12476ドル以上は「高所得国」という分類となっています。 カンボジアの2015年の1人当たりGNIは1070ドルで、2010年の750ドルに対して、5年で4割増加しています。 なお「低・中所得国」グループには、フィリピン(3540ドル)、インドネシア(3440ドル)、ベトナム(1980ドル)、インド(1590ドル)、ミャンマー(1280ドル:2014年)などが属しており、日本は1人当たりGNIが36680ドルで「高所得国」に属しています。 今回、カンボジアは「低・中所得国」に格上げされましたが、引き続き国際連合では「後発開発途上国(LDC)」に分類されており、日米欧等の特別特恵関税の対象となっています。 LDCの見直しは3年に1度で、カンボジアがLDCから離脱するのは、早くとも2024年になると予測されています。

World Bank Country and Lending Groups 2016年7月1日
https://datahelpdesk.worldbank.org/knowledgebase/articles/906519-world-bank-country-and-lending-groups

国連 後発開発途上国(LDC)分類
http://unohrlls.org/about-ldcs/criteria-for-ldcs/

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ