×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ベトナム2016年上期GDP 前年比5.52%増

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

ベトナム2016年上期GDP 前年比5.52%増

ベトナム統計総局(GSO)によると、ベトナムの2016年上半期(1-6月)のGDP(国内総生産)は前年同期比5.52%増となりました。 2012年から2014年の各年同期の水準を上回り、落ち込みを見せた2016年第1四半期(1-3月)の同5.48%増から持ち直しました。 しかし、干ばつと海水侵入による塩害で農林水産業がマイナス成長となったことも影響し、2015年上半期(1-6月)の同6.32%増には及びませんでした。 2016年上半期GDP成長率を産業別で見ると、最も大きく伸びたのは工業・建設業の前年同期比7.12%増でしたが、うち工業が同6.82%増と、原油価格下落の影響で資源開発分野が同2.20%減となったことが要因となり、2016年上半期の同9.66%増を大きく下回りました。 建設業は同8.80%増でした。 サービス業は同6.35%増となり、2012年以降で最も伸びました。 特に成長したのは、卸売・小売(同8.10%)、金融銀行・社会保険(同6.10%)、情報・通信(同8.76%)でした。 ちなみに不動産経営事業は同3.77%増となり、2011年以降で最高の伸び率となりました。 一方、農林水産業は同0.18%減て、特に農業は北部地方の寒波やメコンデルタ地方での干ばつ・塩害による影響で、同0.78%減と落ち込みました。 産業別のGDP構成比率は、サービス業が41.01%、工業・建設業が32.94%、農林水産業が15.74%となっています。

ベトナム統計総局 月次統計情報  2016年6月 「Socio-economic situation in six beginning months of 2016」 
http://www.gso.gov.vn/default_en.aspx?tabid=622&ItemID=15862

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

不動産投資ニュース

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

国土交通省住宅局が実施した平成26年空家実態調査集計結果が公表されました。この調 ...

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

ベトナム

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社Care Vi ...

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

> 人気記事をもっと見る

タグ