×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジアタグ:                

LINEで送る
Pocket

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジア経済財政省が公表した、不動産・建設セクターに関する成長予測によると、同セクターの成長率は2015年の19%をピークに、2016年には15%、2017年には12.4%、2018年には10.3%、2019年には10%と、今後の成長率が低下するとの事です。

2016年6月14日にカンボジア国民議会(国会)において開催された「マクロ経済政策枠組みおよび財政管理に関するワークショップ」において、経済財政大臣は、建設セクターの成長率低下について、不動産セクターが供給過剰段階に入りつつあるなかで妥当であるとの見方を示しました。また不動産の供給過剰はカンボジア経済全体から見てリスクとなっていると指摘し、不動産バブルへの警戒を示しました。

カンボジアの不動産セクターは、2008年のリーマン・ショックまで価格高騰が続いたのちに、2009-2012年まで価格の大幅な下落に見舞われましたが、その後、中国、韓国など海外投資に支えられて回復してきました。
2017年には、住宅、商業施設、オフィスビル等が大量に完成・供給される見込みとなっており、供給過剰への懸念が現実のものになりつつあるとの事です。

モーニングスター 新興国ニュース 2016年7月1日
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=B5C624C8DB66F916A233BE876A49A9C6?rncNo=1736566&newsType=emerging

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ