×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジアタグ:                

LINEで送る
Pocket

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジア経済財政省が公表した、不動産・建設セクターに関する成長予測によると、同セクターの成長率は2015年の19%をピークに、2016年には15%、2017年には12.4%、2018年には10.3%、2019年には10%と、今後の成長率が低下するとの事です。

2016年6月14日にカンボジア国民議会(国会)において開催された「マクロ経済政策枠組みおよび財政管理に関するワークショップ」において、経済財政大臣は、建設セクターの成長率低下について、不動産セクターが供給過剰段階に入りつつあるなかで妥当であるとの見方を示しました。また不動産の供給過剰はカンボジア経済全体から見てリスクとなっていると指摘し、不動産バブルへの警戒を示しました。

カンボジアの不動産セクターは、2008年のリーマン・ショックまで価格高騰が続いたのちに、2009-2012年まで価格の大幅な下落に見舞われましたが、その後、中国、韓国など海外投資に支えられて回復してきました。
2017年には、住宅、商業施設、オフィスビル等が大量に完成・供給される見込みとなっており、供給過剰への懸念が現実のものになりつつあるとの事です。

モーニングスター 新興国ニュース 2016年7月1日
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=B5C624C8DB66F916A233BE876A49A9C6?rncNo=1736566&newsType=emerging

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

不動産投資ニュース

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

国土交通省住宅局が実施した平成26年空家実態調査集計結果が公表されました。この調 ...

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

ベトナム

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社Care Vi ...

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

> 人気記事をもっと見る

タグ