×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジアタグ:                

LINEで送る
Pocket

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジア経済財政省が公表した、不動産・建設セクターに関する成長予測によると、同セクターの成長率は2015年の19%をピークに、2016年には15%、2017年には12.4%、2018年には10.3%、2019年には10%と、今後の成長率が低下するとの事です。

2016年6月14日にカンボジア国民議会(国会)において開催された「マクロ経済政策枠組みおよび財政管理に関するワークショップ」において、経済財政大臣は、建設セクターの成長率低下について、不動産セクターが供給過剰段階に入りつつあるなかで妥当であるとの見方を示しました。また不動産の供給過剰はカンボジア経済全体から見てリスクとなっていると指摘し、不動産バブルへの警戒を示しました。

カンボジアの不動産セクターは、2008年のリーマン・ショックまで価格高騰が続いたのちに、2009-2012年まで価格の大幅な下落に見舞われましたが、その後、中国、韓国など海外投資に支えられて回復してきました。
2017年には、住宅、商業施設、オフィスビル等が大量に完成・供給される見込みとなっており、供給過剰への懸念が現実のものになりつつあるとの事です。

モーニングスター 新興国ニュース 2016年7月1日
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=B5C624C8DB66F916A233BE876A49A9C6?rncNo=1736566&newsType=emerging

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ