×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三井不動産 バンコクで分譲住宅事業を拡大

タイタグ:                        

LINEで送る
Pocket

三井不動産 バンコクで分譲住宅事業を拡大

三井不動産は、三井不動産レジデンシャルとの共同出資会社「MITSUI FUDOSAN (ASIA) PTE. LTD.」(三井不動産アジア)を通じて、現地有力デベロッパーの「アナンダ社」と提携していますが、この度、新たにバンコクにて開発する3物件(計約2,100戸)について2016年10月より販売を開始すると発表致しました。

当該3物件の新規プロジェクトの開発により、三井不動産グループのバンコクでの分譲住宅事業は合計12物件、戸数は約10,100戸になります。

新規3物件は、バンコク中心部ペッチャブリ地区、バンコク南東部バンチャック地区、ウドムスク地区に位置し、最寄りのMRT(地下鉄)またはBTS(高架鉄道)から徒歩4分以内と交通の利便性に優れており、いずれも2016年末から2017年初頭にかけて着工、2018年の竣工が予定されています。

ちなみに「アナンダ社」と提携第1号物件となる「アイデオQチュラサムヤーン」(2016年10月竣工)は、オフィス街の中心であるシーロム・サトーンエリアに隣接しており立地もよく、既に全1600戸ほぼ完売しています。

バンコクの不動産マーケットは長期にわたり安定的に成長を続けてきていると共に、中間所得層の人口が増加していることもあり、三井不動産は、今後も引き続き強い住宅需要が見込まれているとし、さらにバンコクでの分譲住宅事業を拡大していく予定です。

20161006_mitsui_map

三井不動産 ニュースリリース 2016年9月27日
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2016/0927_01/

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

日本銀行 「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)を公表

不動産投資ニュース

日本銀行 「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)を公表

1月16日に日本銀行が「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)」を発表 ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

> 人気記事をもっと見る

タグ