×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マレーシア不動産投資 費用対効果は世界一

マレーシアタグ:          

LINEで送る
Pocket

マレーシア不動産投資 費用対効果は世界一

英不動産総合コンサルタント会社のナイト・フランク社は、世界30カ国・地域を対象とした調査レポート『グローバル・シティズ2017年版』で、マレーシアへの不動産投資は、世界で最も費用対効果が高いと報告しています。 レポートでは、マレーシアの不動産市場が比較的安定していることに加え、マレーシア政府が都市インフラ整備を加速し、都市機能が高まっていることなどが、理由とされています。

マレーシアの首都クアラルンプールでは総面積約3万6200平方メートルの高級オフィスビル1棟が1億ドルで購入でき、さらに、都市鉄道の整備が進み利便性が良くなっていることも、アジア太平洋域内の他の都市と比べて優位性を高めていると指摘しています。

また、クアラルンプール首都圏へのグローバル多国籍企業誘致を推進する政府機関の「インベストKL」は、クアラルンプールのオフィスビルの賃料は今後マイナス1.1%となる見込みであり、ASEAN域内でコスト競争力の面などでも、多くのグローバル多国籍企業から東南アジアの拠点に選ばれていると指摘しています。

ちなみに「インベストKL」は2015年までに51のグローバル多国籍企業を誘致し、総投資額は59億リンギット(約1500億円)に上るとのことです。

NEW STRAITS TIMES Online 2016年9月22日
http://www.nst.com.my/news/2016/09/175185/knight-frank-rates-malaysia-worlds-best-real-estate-investors

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

日本銀行 「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)を公表

不動産投資ニュース

日本銀行 「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)を公表

1月16日に日本銀行が「地域経済報告―さくらレポート―(2017年1月)」を発表 ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

> 人気記事をもっと見る

タグ