×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

プノンペン 2030年に世帯所得が3倍へ

カンボジアタグ:                  

LINEで送る
Pocket

プノンペン 2030年に世帯所得が3倍へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した、東南アジア諸国連合(ASEAN)の都市化に関するレポート『ASEAN cities』によると、今後都市化が順調に進めば、プノンペンの世帯所得の中央値は2030年には3倍に伸び、マニラやバンコクを超えると予測されています。

このレポートでは、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の都市を対象に、各都市の2030年の収入や経済活動・人口動態を予測しており、ASEANの経済成長のカギを握るのは、人口50万以上の都市の安定的な成長であるとしています。

ASEAN域内の都市の大半が、500万人以内の中都市と、100万人以内の小都市に分類され、人口の半分がこれら都市部に住んでいます。
都市部への人口集中の高さは、全人口が都市部に住む「都市国家」シンガポールをトップに、77%が都市部に住むブルネイ、75%のマレーシア、54%のインドネシア、51%のタイ、44%のフィリピンと続きます。

一方で、カンボジアの首都プノンペンへの人口集中は全人口の21%に過ぎず、隣国のラオスの39%、ミャンマーの34%、ベトナムの34%よりも下回っています。
カンボジアは近年7%前後の経済成長が毎年続いていますが、地方と首都の格差が大きく、今後、プノンペンへの人口移動・集中が進み、2015年の170万人から2030年には240万人と1.4倍に増えると予測されています。

また、プノンペンの世帯別収入の中央値を、2015年の1万900ドルから、2030年には3万2300ドルと3倍にまで伸びると予測しています。
この予測収入は、2030年のシンガポール(15万7300ドル)には及ばないものの、2位のクアラルンプール(4万7000ドル)に次ぐ3位に上昇し、マニラ(3万200ドル)、バンコク(2万7700ドル)を上回ります。

20161014_phnom-penh

The Economist Intelligence Unit
「ASEAN cities – Stirring the melting pot」(2016)
http://www.eiu.com/public/topical_report.aspx?campaignid=ASEANCities2016

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ