×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

フィリピンタグ:                    

LINEで送る
Pocket

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

三菱商事は、フィリピン大手ディベロッパーのセンチュリー・プロパティーズと合弁会社を設立し、マニラ首都圏近郊のカビテ州タンザで、敷地面積26ヘクタール、約4,000戸の分譲住宅の開発を発表しました。

本プロジェクトでは、1戸当たり200万~300万円の価格帯で低層のタウンハウス(連棟式集合住宅)を建設し、2017年から着工・販売が予定されています。

フィリピン経済の急速な成長に伴い、マニラ首都圏では人口が増加し、都心部への流入が進み、住宅不足と住宅価格高騰が継続しています。

ちなみに、三菱商事は、東南アジアに於いて、過去3年半の間に、7プロジェクト約1万戸の住宅開発に参画してきましたが、今回のプロジェクトの供給戸数が最大規模となります。

三菱商事 プレスルーム 2016年11月24日
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2016/html/0000031591.html

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ