×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

フィリピンタグ:                    

LINEで送る
Pocket

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

三菱商事は、フィリピン大手ディベロッパーのセンチュリー・プロパティーズと合弁会社を設立し、マニラ首都圏近郊のカビテ州タンザで、敷地面積26ヘクタール、約4,000戸の分譲住宅の開発を発表しました。

本プロジェクトでは、1戸当たり200万~300万円の価格帯で低層のタウンハウス(連棟式集合住宅)を建設し、2017年から着工・販売が予定されています。

フィリピン経済の急速な成長に伴い、マニラ首都圏では人口が増加し、都心部への流入が進み、住宅不足と住宅価格高騰が継続しています。

ちなみに、三菱商事は、東南アジアに於いて、過去3年半の間に、7プロジェクト約1万戸の住宅開発に参画してきましたが、今回のプロジェクトの供給戸数が最大規模となります。

三菱商事 プレスルーム 2016年11月24日
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2016/html/0000031591.html

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ