×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

フィリピンタグ:                    

LINEで送る
Pocket

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

三菱商事は、フィリピン大手ディベロッパーのセンチュリー・プロパティーズと合弁会社を設立し、マニラ首都圏近郊のカビテ州タンザで、敷地面積26ヘクタール、約4,000戸の分譲住宅の開発を発表しました。

本プロジェクトでは、1戸当たり200万~300万円の価格帯で低層のタウンハウス(連棟式集合住宅)を建設し、2017年から着工・販売が予定されています。

フィリピン経済の急速な成長に伴い、マニラ首都圏では人口が増加し、都心部への流入が進み、住宅不足と住宅価格高騰が継続しています。

ちなみに、三菱商事は、東南アジアに於いて、過去3年半の間に、7プロジェクト約1万戸の住宅開発に参画してきましたが、今回のプロジェクトの供給戸数が最大規模となります。

三菱商事 プレスルーム 2016年11月24日
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2016/html/0000031591.html

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ