×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

不動産投資ニュースタグ:          

LINEで送る
Pocket

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

国土交通省住宅局が実施した平成26年空家実態調査集計結果が公表されました。この調査は、全国の戸建て住宅の空き家等について利用状況、管理実態などを把握し、空き家に関する基礎資料を得ることを目的としたものです。

この調査によると、調査時点で人が住んでいない戸建て空き家等の状況について、所有者の年齢は高齢者(65歳以上)が55.6%を占め、住宅を取得した経緯は、「相続した」(52.3%)がトップ。主な管理者は所有者やその親族が全体の約4/5(81.7%)を占め、「不動産業者、建築会社、管理専門業者など」は2.0%と僅かです。


今後5年程度のうちの利用意向は、「所有者やその親族が利用する」が 22.9%、「賃貸する」が 6.1%、「売却する」が8.8%、「空き家にしておく」が 21.5%、「取り壊す」が 11.2%などとなっており、賃貸・売却する場合の課題は、「リフォーム費用がかかる」(29.1%)、「設備や建具が古い」(27.2%)、「住宅が傷んでいる」(25.0%)の順になっている。
空き家にしておく理由は、「物置として必要だから」(44.9%)、「解体費用をかけたくないから」(39.9%)、「特に
困っていないから」(37.7%)、「将来、自分や親族が使うかもしれないから」(36.4%)の順になっている。

今後ますます空き家が増加することが予想され、空き家の有効活用の重要性も増すと考えられますが、そのためには安易な現状維持に厳しい施策が必要となるでしょう。

国土交通省 平成26年空家実態調査 集計結果の概要のポイント
http://www.mlit.go.jp/common/001109891.pdf

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

不動産投資ニュース

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

国土交通省住宅局が実施した平成26年空家実態調査集計結果が公表されました。この調 ...

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

ベトナム

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社Care Vi ...

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

> 人気記事をもっと見る

タグ