×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社)とタイにおいて合弁会社を設立しました。

この合弁会社の出資比率はセナ社が51%、阪急不動産が49%で、今後バンコクで分譲マンション事業に取り組む準備を進めます。
セナ社は、タイ証券取引所に上場する不動産デベロッパーで、これまでに約11,000戸のマンション供給実績があります。
バンコク及びその周辺エリアで豊富なミドル層向け住宅開発の経験を持ち、タイで初めてソーラー発電付住宅などの開発を行った先進性の高い顧客第一主義を理念とした企業です。

阪急不動産は、「中長期的な成長に向けた新たなマーケット開拓」という阪急阪神ホールディングスグループの事業戦略のもと、海外での不動産分譲事業の展開を推進しています。
バンコクでは鉄道網の整備に伴い、都心部への人口流入が増大しており、今後更なる発展が期待されています。
タイでの分譲マンション事業は阪急不動産にとってベトナム・ホーチミンに続くASEAN2か国目の進出です。

(参考:阪急阪神ホールディングス株式会社 IRニュース 2016年12月26日)
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/irInfo/558.pdf

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ