×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

LINEで送る
Pocket

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM Group,LLC(CIM社、本社ロサンジェルス)社の持分20%を取得するとともに複数のCIM社運用ファンドへの出資を行います。三井物産の支払額は約520~630億円となる見込みです。

CIM社は、主に北米のオフィスビルやマンション等の不動産及びインフラ施設を投資対象とした私募ファンド及び上場 REITの運用を行っています。米国を中心に世界の優良投資家を顧客に抱え、運用資産額は 2 兆円を超えます。

今回の出資は、米国不動産が世界の投資資金の最大の受け皿の一つとして中長期的に魅力的な事業環境が継続すると見込まれること、また、国内の運用難から海外の不動産・インフラ分野への投資が今後急速に拡大すると予想されることが背景となっています。

今後も国内の低金利と現在の為替水準が継続するなら、他の商社や不動産会社の米国他海外への投資も加速するかもしれません。また、米国は政治的にはやや不透明感が強まっていますが、経済は堅調であり、投資先としての魅力が高まっていると考えられます。

(参考)
三井物産株式会社 リリース
https://www.mitsui.com/jp/ja/release/2017/1222668_10838.html

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ