×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

日本銀行「金融システムレポート(2017年4月)」を公表

ニュースタグ:                

LINEで送る
Pocket

日本銀行「金融システムレポート(2017年4月)」を公表

日本銀行は4月19日に半期ごとに公表している「金融システムレポート」の最新号を公表しました。

その中で「多くの金融経済活動において、過熱感は総じて窺われない。」としながらも、「銀行の貸出姿勢はバブル期以来の積極性を示している。」とし、「不動産市場において、今後、リスクプレミアムの過度な縮小が生じることがないか、注意深く点検していく必要」がある、としています。

M2成長率など14の金融活動指標のうち、2017年3月末時点で過熱感を示す状態になっているものはないものの、不動産業実物投資の対GDP比率や金融機関の貸出態度DIが過熱感を示す状態に近くなっており、注視する方針です。

最近の銀行貸出の積極化には、営業エリアの人口減少や競合店舗数の増加などに伴う銀行間の競争激化が大きく影響しているとしています。また、近年不動産業向け貸出残高の実績が、経済の実勢で説明できる水準を上回っていると分析し、特にそれが九州などで顕著であると指摘しています。

参考:
日本銀行「金融システムレポート(2017年4月)」

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ