×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

多くの人が固唾を呑んで見守った今月8月1日のビットコイン分裂騒動は大きな混乱もなく、収束した。その後、代わりに沸き起こったのは分裂相当にまつわる疑問だ。この記事を読んでいるあなたもこの騒動について色んな疑問を持っているのではないだろうか?

「ビットコイン分裂って何のため?」
「そもそもコインが分かれた意味が分からない…」
「ビットコインはこれからどうなるの??」

といった疑問が残り、ますますビットコインがわけの分からない存在に思え、また敬遠しがちになる人も少なくないだろう。

今回はビットコイン分裂に関する疑問に焦点を合わせて、一回サラッと読んで理解できるくらいに分かりやすくご紹介してみたい。

ビットコイン分裂は保守派と革命派の対立が原因

ビットコイン分裂(ハードフォーク)はなぜ起こったのか?まずはこの理由についてお話をしたい。

すっかりなじみ深くなった電子マネーはたくさん種類があるものの、基本的に分裂することはない。なぜなら電子マネーはシステムを管理する企業が存在しているからだ。ナナコカードはセブン&アイ、SuicaはJR東日本が管理している。財布の中のSuicaカードが突然、2つの流派に分かれるということはないのは、一企業が保守、管理を担当しているからだ。

一方、ビットコインは管理者がいない。「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を用いて、ユーザー全体で取引を管理している。増加を続ける取引量に処理が追いつかなくなってきたことでバージョンアップが検討されるも、ブロックチェーンゆえにアップデートは「ビットコインの利用者全員」が必須となる。

「ネットワーク処理がパンクするから、分裂してでもバージョンアップさせよう」

という革命派と、

「リスクは回避するべきなのでもう少し慎重に」

という保守派に分かれた。これがビットコイン分裂の根本原因となる。

ビットコイン分裂は「株式分割」と同じ

ロイター通信の記事によると、ブロックチェーン技術企業Bloqのジェフ・ガージクCEOはビットコイン分裂を「株式分割のようなものだ」といっている。この表現はとても的確かつ分かりやすい。

ビットコインの分裂により、100ビットコインを持っていた人は新たに100ビットコインキャッシュがもらえる。だが、これは持っているコインの価値が2倍になるということではない。2つのコインを合わせると、分裂前のビットコインと同じ価値となるので、まさに「株式分割」という表現がピッタリといえるだろう。

ビットコイン分裂後の「今後」

ビットコインとビットコインキャッシュに分裂後は、それぞれが独立したコインとして動いていく。ビットコインについては過去記事でご紹介している通り、家電量販店や料理店だけでなく、今後は大手コンビニが導入を検討されていたりと利用シーンは拡大していく。その反面、ビットコインキャッシュについては、実店舗での取り扱いについてはまだまだ不透明な点が多い。

これから暗号通貨のスタンディングが高まることで、決済方法のグローバル・スタンダードとなるだろう。これまでビットコインは「(円やドルに対して)高い・安い」と貨幣に対して相対的な価値を見られてきたが、取引量や取り扱い店舗が増えてくれば貨幣に変える機会がなくと予想する研究者もいる。その時こそ、完全に新しい通貨の誕生となる。

ビットコインがこれからどうなっていくのか?その行く末は誰にも分からないが、貨幣にできなかった、想像もつかない利便性の高いツールになることだけは間違いないだろう。

参考:
https://jp.reuters.com/article/bitcoin-split-idJPKBN1AH2RP

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ