×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ソニー、お金を増やせる投資型クラウドファンディング開始

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

ソニー、お金を増やせる投資型クラウドファンディング開始

ゲームや半導体のヒットに恵まれ、絶好調のソニーが、ドル箱事業の金融で新しい試み「Sony Bank GATE」を始める。
20歳以上のソニー銀行の口座保有者は、国内銀行初のSony Bank GATEを通じて“投資型”クラウドファンディングに参加が可能となる。

金銭的リターンのある新しいクラウドファンディング

一般的にクラウドファンディングといえば「寄付型」「購入型」と呼ばれるもので、出資者の見返りは商品やサービスで「お金」ではなかった。クラウドファンディングは調達者を出資者という名のファンが支える「現代のパトロン」がその始まりであるため、出資者への金銭的見返りはほとんどなかった。

だがSony Bank GATEはビジネス色の強い「投資」だ。調達者にあたる企業のファンドを購入することで、売上高に応じた分配金の受け取りができる。出資金が還ってくるのではなく、企業の業績次第となるが売上高によっては出資者を上回る利益を受け取ることができる。金銭的リターンのある新しいクラウドファンディングのカタチというわけだ。

挑戦企業と投資家を結びつける投資型クラウドファンディング

ソニー銀行の住本社長は同サービスについて次のように述べている。

“我々が挑戦するのは金融商品として投資する投資型クラウドファンディング。ただし、挑戦企業の顔が見えるという新たな金融商品”

Sony Bank GATEは成熟した大企業向けではなく、ベンチャーなど挑戦者にあたる新規・成長企業の資金調達ツールとなる。挑戦企業と投資家を結びつけるのが今回のSony Bank GATEの役割だ。挑戦企業のビジネスに共感し、成長見込みが感じられたら企業を応援しながら利益を受け取る「投資型クラウドファンディング」である。

Sony Bank GATEは積極型投資の位置づけ

資産運用としての位置づけとしては「ハイリスク・ハイリターン」となるだろう。元本保証はないので、あなた自身の挑戦企業の目利きが必要なので中級者以上の投資家向けのサービスといえるだろう。

だが、企業が成長したらおいしいリターンが用意されている。投資は上手にリスクコントロールをするために安定型、積極型などを組み合わせるポートフォリオを推奨したいが、今回のSony Bank GATEは積極型投資という位置づけだ。

「イチかバチか、Sony Bank GATE投資一本ですべての資産をかける!」

というやり方ではなく、安定型とうまく組み合わせることでリターンのおいしい果実を味わってほしい。

参考:
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/401/401687/

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

ニュース

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

多くの人が固唾を呑んで見守った今月8月1日のビットコイン分裂騒動は大きな混乱もな ...

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

世界の資産運用フェア

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

「第6回 世界の資産運用フェア」 パネルディスカッションレポートSession9 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ