×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ふるさと納税でこどもを貧困から救え!村上財団も参加

ニュース

LINEで送る
Pocket

ふるさと納税でこどもを貧困から救え!村上財団も参加

返礼品競争や都心部の税収流出が議論を呼んだ、ふるさと納税。
豪華な特産品に目がいきがちでしたが、ブームとともに返礼品に重きを置かないふるさと納税も広まってきました。
被災地への寄付や熊本城の「復興城主」などが良い例です。
こうしたふるさと納税は「社会貢献のための寄付」ととらえられますし、寄付金控除制度によって納めている税金の使い道を決めているとも考えられます。

ふるさと納税を活用した新たなプロジェクト「こども宅食」

2017年7月20日、東京都文京区にふるさと納税を活用した新たなプロジェクト「こども宅食」が誕生しました。

経済的に困窮する子育て世帯に企業・フードバンク等から提供された食品を宅配することで、こどもの貧困問題の解決を目指す活動です。
返礼品を用意せず、ふるさと納税で集まった支援はすべて事業推進に活用するそうです。

未来を担うこどもたちを貧困から救うことは、未来の日本を救うこと。ふるさと納税を利用した「こども宅食」への支援は、社会に対する立派な投資といえます。

都心部ならではの「こどもの貧困問題」とは

しかしなぜ都心の文京区がこどもの貧困問題に取り組んでいるのでしょうか。
実は文京区においても、約1,000世帯が就学援助または児童扶養手当を受給しており、多くのこどもたちが困難に直面しています。
文京区のように裕福なイメージの街では、周囲との格差に直面し、相対的に不幸を感じてしまう側面があります。
「生活に困っていることを周りに知られたくない」などの世間体から、こどもの貧困が表面化しにくく、役所への申請やNPOなどが開催する「こども食堂」に行くこともはばかられるため、貧困家庭に支援が届かないという問題を抱えています。

官民連携で「隠れ貧困」を救え

その状況を憂いていた文京区長が、同じくこどもの貧困問題に取り組む「認定NPO法人 フローレンス」などの非営利団体と協力して立ち上げたのが「こども宅食」です。

行政がかかわることで対象の家庭を把握でき、支援の告知を行き渡らせることが可能です。
役所から利用案内を送ることで、対象者が申請に出向くことなく手続きを完結させ、周りの目を気にせず支援を受け取れるのです。
また民間の団体が運営することで、これまでのノウハウを活かせますし、同様の仕組みを他の自治体に広げていくことが期待できます。

村上財団も参加。ふるさと納税の問題解決にも期待を寄せる

さらに「一般財団法人 村上財団」が参加していることも興味深いです。
創設者は「物言う株主」として一躍有名になった、あの村上ファンドの村上世彰氏です。
代表は娘の村上絢氏が務めています。

同財団では、こどものマネーリテラシー向上の活動に力を入れているそうです。
ふるさと納税を利用する「こども宅食」プロジェクトに対し、代表の村上絢氏は「こどもの貧困の問題解決のお手伝いをさせていただけることを大変うれしく思う」とともに、「非営利団体と自治体の協力関係がふるさと納税の諸問題を解決するきっかけになる」との考えを示しています。
「こどもの貧困」と「ふるさと納税」という2つの社会的課題を解決できるという点で、まさに村上財団の支援対象にふさわしいプロジェクトであることがうかがえるのです。

頼もしい団体と多くの支援に支えられる「こども宅食」。まずは文京区の「こども宅食」が成功し、支援の輪が全国に広がることを願ってやみません。

=========================================
「こども宅食」のふるさと納税はこちらから
=========================================

村上財団のお話をもうひとつ。

この度、当メディア運営主である内藤忍氏と村上世彰氏のコラボイベントが誕生しました。
タイトルは、「村上世彰氏特別講演会 〜これからを担う子供たちに伝えたい本当に大切なお金の話〜」
10歳~25歳のこどもとその親を対象とし、こどものマネーリテラシー向上が主旨となる講演会です。
参加者200名の募集でしたがあっという間に完売。現在はキャンセル待ちとなるほどの注目を集めています。
このようなイベントやこども宅食など、日本の未来を担うこどもたちに向けて、我々大人が一丸となって支援や教育の輪を広げていくことは、将来の大きなリターンにつながる最強の投資なのではないでしょうか。

参考記事:
2017/7/20 こども宅食 コンソーシアム プレスリリース
http://jfra.jp/news/17762
ふるさとチョイス「命をつなぐ「こども宅食」で、1000人のこどもと家族を救いたい!」
https://www.furusato-tax.jp/gcf/155
2017/7/21 村上財団「貧困世帯の子どもたちの家庭に食料を直接届ける「こども宅食」への支援について」
https://murakamizaidan.jp/news/テスト2/
内藤忍コーディネート 村上世彰氏特別講演会 〜これからを担う子供たちに伝えたい本当に大切なお金の話〜
http://www.shisansekei.com/murakami0918/

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

ニュース

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

多くの人が固唾を呑んで見守った今月8月1日のビットコイン分裂騒動は大きな混乱もな ...

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

世界の資産運用フェア

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

「第6回 世界の資産運用フェア」 パネルディスカッションレポートSession9 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ