×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

投資で得られる「利益以外」のとてつもないメリット

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

投資で得られる「利益以外」のとてつもないメリット

Money Plusの記事によると、マネックス証券会長の松本大氏は「投資は自分の“分身”をいろんなところに置くこと」だと述べている。投資は利益を得るだけがメリットではない、というとあなたはどう感じるだろうか?マネックス証券の松本大氏と、マネーフォワードの辻庸介氏の対談を取り上げ、投資家として持つべき姿勢の参考としてもらいたい。

お金は動かさないと意味がない

松本氏は

“自分は一人しかいないけれど、興味ある会社や、挑戦してみたかった仕事、行ってみたい国がたくさんある。でもすぐには叶えられないから、投資というかたちでその会社の株を買って疑似体験していると考えることができる。”

と述べている。これは投資の本質をついていると筆者は考える。株を始める前は政治や経済に関心がなかった人が、投資を始めた後は自分が投資している国の為替や株価、経済に興味を持つというのはよく聞く話だ。

我々、日本人は日本の出来事に関心はあるが、カンボジアやフィリピンで起こっていることにはあまり興味がわかない。しかし、自分がそうした国に不動産を持っていたら、政治や経済に無頓着ではいられなくなる。これは投資を通じて、擬似的にその国の住人になるようなもので、まさに松本氏がいっているように「投資は自分の分身を置く」ことに他ならない。

投資は靴を買うようにカジュアルであれ

松本氏は「もっと気軽投資をしよう」と呼びかけ、マネックス証券の投資信託は100円という少額で買うことができるし、海外資産のポートフォリオを組むことで全世界に自分の分身を置くことができると続ける。

今は投資の敷居がとても低くなった。かつて、インターネットは「コンピュータオタクがするもの」というイメージがあったが、今は小学生でもパソコン・スマホに夢中になっている時代だ。投資もそれと同じく、昔は「一部のエリートビジネスマンがするもの。お金持ちがするもの」というイメージがあったが、100円あれば参加できてしまうとてもカジュアルなものとなった。

投資と銀行預金との最大の違いは、市場からのフィードバックの有無だろう。銀行残高を毎日チェックする人はいないが投資は違う。投資をすると、自分の資産に関する経済や政治を毎日チェックするようになる。なぜなら投資からのフィードバックが得られるからだ。そしてフィードバックを通じて、自分の分身は世界中を歩き回り、あなた自身が得られる以上の人生経験を得ることになる。

投資で得られる“情報感度を高め、世界中に分身を置くことができる”というメリット、投資を敬遠していた人こそ体験してほしい。

参考:https://moneyforward.com/media/career/38397/

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

> 人気記事をもっと見る

タグ