×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マルイアネックスが狙うのは、増加するビットコイン女子

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

マルイアネックスが狙うのは、増加するビットコイン女子

「飲食店や家電量販店でビットコイン決済導入」

もはやこのニュースを目にすることはもはや珍しいことではなくなった。国内の店舗が続々取り扱い開始を宣言する中、新宿マルイアネックスもビットコイン決済を試験導入をしたと発表。

「なんだ。よく聞くニュースじゃないか」

そのように思われた人もいると思うが、今回のニュースの全容を知ることで、これまで見えなかったビットコインの動きが理解できる。

マルイアネックスは国内の女性客がターゲット

ビットコイン決済、といってもビットフライヤー提供のウォレット口座のみ対応している。ビットフライヤー口座に限定するその理由は「決済速度」。通常、ビットコインは送金から着金までに数分要するのに対して、ビットフライヤーのウォレットからだとクレジットカードと遜色のない速度で決済が完了するのだ。

また、今回の新宿マルイアネックス導入の特異性はこれだけではない。それは今回のビットコイン決済導入が訪日外国人向けではなく、国内の日本人の利便性向上を狙ってのことという点だ。

“(マルイアネックスは)8割が女性客。ビットフライヤー様の方も女性の比率が上がっているという内容(説明)だった。(今回の試験導入で)特に若い女性の方にどれだけご利用いただけるのか、というところを確認していきたい”

引用元:ビジネス・インサイダー

とあり、狙いはマルイアネックスで買い物をする女性客だ。

増え続けるビットコイン女子

同記事によるとビットコインの女性ユーザーは着実に増えているという。

” 2016年の夏まで数パーセントだった女性比率が、ビットコインの知名度向上にともない、最新の調査では20%弱にまで上昇しているという。”

と説明する。ボラティリティが高く、投資知識を要求される難しいイメージの暗号通貨だが、ここに来てビットフライヤーを利用する、ビットコイン女子の比率は「全体の5人に1人」というところまでその高まりを見せている。店頭での決済導入が更にその背中を押すものとなるだろう。

ビットコインは日々、進化と拡大を続けており、暗号通貨の市場規模は現在は10兆円程度だが、この先100兆円を超えると見る人もいる。ビットコインをいつまでも恐れ、難しいと敬遠しているといつの間にか市場の変化に取り残され、「情弱」というレッテルを貼られかねない。まだ手を出していない人こそ、ぜひともビットコインに挑戦してみよう。「危険だ」といわれている世間の噂と、実際に決済に使ってみるとでは大きな違いがあることが分かるだろう。

参考:https://www.businessinsider.jp/post-100716

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

> 人気記事をもっと見る

タグ