×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

似ているけど違うビットコインキャッシュを分かりやすく解説

ニュースタグ:      

LINEで送る
Pocket

似ているけど違うビットコインキャッシュを分かりやすく解説

2017年8月1日、世界が見守る中、「ビットコインキャッシュ(以下、BCC)」が産声をあげた。

「こいつは一体何者なのか?」
「将来性はあるのか?」
「そもそもビットコイン(BTC)と何が違うのか?」

おそらくこの疑問は多くの人が抱えており、あなたもその一人だろう。今回はBCCを超初心者向けに解説をしていきたいと思う。

BTCとBCCの関係は日本とインドのカレーに似ている

「マイニング?ハードフォーク?用語が難しくてよく分からない…」という方はとりあえず「BTCとBCCは似ているのは名前だけで別物」という認識を持って欲しい。

BTCは作り方のレシピ(ソースコード)が世界に公開されている。BCCはBTCの公開されているレシピを参考にして作られたものだ。インドで生まれたカレーを日本が取り入れて国民食に昇華させ、両者のカレーはまったくの別物だ。「BTCのレシピを見て生まれたのがBCC」と覚えておこう。

ブロックサイズ(取引量)拡大が最大の違い

BTCの成長痛として問題になったのは「ブロックサイズ(取引量)の頭打ち」だ。

暗号通貨は送金出来て初めて意味がある。だが、BTCの需要や取引量の拡大で処理の遅延が問題になってきた。BTCは1MBというデータ量の送金処理が可能だが、BCCはこれを8MBまで拡大させた。これにより、BTCが抱えていた「取引処理が遅い」という問題を解決するために生まれたわけだ。…だが、現実はその通りにはいかなかった。「BCCはBTC以上に取引処理が遅いコイン。BCCは低調な滑り出し」と各メディアが報じることになったのだ。

BCCは店舗での決済には使えない

同じ「ビットコイン」という名前がついていても、BCCを使えるお店は現時点でほとんどない。そのため、現時点では売買することで利益を出す「投資商品」として利用することしかできない。

ビットコイン以外のイーサリアムやリップルといった人気の高いコインは、決済可能な店舗が拡大しつつある。しかし、産声をあげたばかりのBCCはまだどのお店も取扱をしていない。「BTCとBCCは名前が似ているので、使えるお店が同じ?」と誤解のないようにしよう。

BCCの未来はすでに暗号通貨の歴史が示している

誰もが気になっていることは「BCCはこれからどうなるのか?」ということだ。この疑問についての答えはすでに歴史に出ている。そう、ビットコインやリップル、イーサリアムといった先輩暗号通貨が通ってきたように、様々な課題、不安定、問題点を抱えてそれを解決する「永続的なアップデート」という道を辿ることになるだろう。その壁を乗り越えられず、BCCならではのメリットを提供できないと市場が判断した時に世界から姿を消すことになるだろう。そうならないためにも、BTCにできなかったことを、これからBCCのメリットとして提供していくだろうという大きな期待がその双肩に託されている。

参考:CNETジャパン
https://japan.cnet.com/article/35105311/

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

ニュース

一読して理解できる「ビットコイン分裂」の疑問を優しく解説

多くの人が固唾を呑んで見守った今月8月1日のビットコイン分裂騒動は大きな混乱もな ...

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

世界の資産運用フェア

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

「第6回 世界の資産運用フェア」 パネルディスカッションレポートSession9 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ