×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース カンボジア

プノンペン 2030年に世帯所得が3倍へ

カンボジア

プノンペン 2030年に世帯所得が3倍へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した、東南アジア諸国連合(ASEAN)の都市化に関するレポート『ASEAN cities』によると、今後都市化が順調に進めば、プノンペンの世帯所得の中央値は2030年には ...

ムーディーズ カンボジアの格付けを「B2」維持

カンボジア

ムーディーズ カンボジアの格付けを「B2」維持

世界三大格付け機関の一つである「ムーディーズ」は、カンボジアの国債格付けにおいて、「B ...

カンボジア 商業施設建設の認可額が前年比2倍超え

カンボジア

カンボジア 商業施設建設の認可額が前年比2倍超え

カンボジアの国土整備・都市化・建設省によると、2016年初から8月までの商業施設建設事 ...

ANA 唯一の成田=プノンペン定期直行便を就航

カンボジア

ANA 唯一の成田=プノンペン定期直行便を就航

全日本空輸(ANA)は、2016年1月20日に「2016年度航空輸送事業計画」で、成田 ...

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジア

カンボジア政府 不動産バブルを警戒

カンボジア経済財政省が公表した、不動産・建設セクターに関する成長予測によると、同セクタ ...

世界銀行 カンボジアを「低・中所得国」に格上げ

カンボジア

世界銀行 カンボジアを「低・中所得国」に格上げ

世界銀行は、毎年7月に各国の所得分類を見直しており、2016年の見直しで、カンボジアが ...

サムシングホールディングス、カンボジアで住宅建設請負事業を推進

カンボジア

サムシングホールディングス、カンボジアで住宅建設請負事業を推進

地盤改良事業などを手がけるサムシングホールディングス株式会社(1408)は、6月24日 ...

カンボジア 2016年Q1の建設投資額が前年比3.6倍へ

カンボジア

カンボジア 2016年Q1の建設投資額が前年比3.6倍へ

カンボジアの土地管理・都市計画・建設省によると、2016年第1四半期の国内外企業による ...

JETRO カンボジア不動産取引における留意点を公表

カンボジア

JETRO カンボジア不動産取引における留意点を公表

日本貿易振興機構(JETRO)のプノンペン事務所が、「カンボジアにおける不動産取引に関 ...

カンボジア 2080年まで人口増加が継続

カンボジア

カンボジア 2080年まで人口増加が継続

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した調査レポート「カンボジア経済の現状と今後 ...

1/51234...

第5回 世界の資産運用フェア

各国の最新ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不 ...

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

不動産投資ニュース

国土交通省 平成26年空家実態調査集計結果を公表

国土交通省住宅局が実施した平成26年空家実態調査集計結果が公表されました。この調 ...

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

ベトナム

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社の株式を取得

総合ビルメンテナンスの大成株式会社がベトナムのビルメンテナンス会社Care Vi ...

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

フィリピン

三菱商事 マニラ首都圏近郊で分譲住宅を開発

三菱商事は、フィリピン大手ディベロッパーのセンチュリー・プロパティーズと合弁会社 ...

通年7%成長に現実味!新政権移行後も絶好調のフィリピン経済

フィリピン

通年7%成長に現実味!新政権移行後も絶好調のフィリピン経済

フィリピン統計庁(PSA)が今月17日に発表した2016年第3四半期(7~9月) ...