×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジアでインターネットバンキング拡大

カンボジアタグ:      

LINEで送る
Pocket

カンボジアでインターネットバンキング拡大

カンボジアの主要商業銀行が、インターネットバンキングの導入と活用に力を入れ始めています。
銀行業界によれば、ハイテク通の若者層はインターネットバンキングに対して親和性が高く、利用拡大の核になるとしています。

マレーシア系の商業銀行のCIMBは、7月17日にカンボジアでもインターネットバンキングを開始すると発表し、ASEAN経済共同体の完成が近づき、国境を越えた資金移動が増え、カンボジアからこれらの動きを指示・モニタリングする需要が増えると見ています。

ただ、インターネットバンキングの使用は、当面は残高照会などにとどまり、振込や送金指示などが一般化するには時間がかかると見る向きもあります。

先進国が長年かかって作り上げてきた最も先進的で安価なシステムを一挙に導入することで、途上国が先進国にあっという間に追いつく「途上国の技術ジャンプ」ともいわれる事例もあり、カンボジアでもATM決済等を飛び越して、インターネットバンキングが普及する可能性もあります。

参考:モーニングスター 新興国ニュース(2015年8月7日)
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=E9835864848B8A245B9464187769063F?rncNo=1651603&newsType=emerging

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ