×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

カンボジア、新交通システムAGTの導入

カンボジアタグ:      

LINEで送る
Pocket

カンボジア、新交通システムAGTの導入

カンボジアの首都プノンペン市政府は、カンボジア初となる新交通システム「AGT」を建設する計画で、5年以内にも着工し、2023年の開通を目指しています。

カンボジアが導入を検討している「AGT」は、自動運転で高架式専用軌道を走行する旅客輸送システムで、総投資額は5億8,600万米ドル(約731億円)と見積もられ、3路線が検討されています。
市中心部の中央市場を起点に、ドゴール通りなどを経由してプノンペン国際空港につながる路線(長さは約13キロメートル)が最も有力となっています。

プノンペン市政府は、「市内の交通渋滞を緩和するため、専門家は地下鉄やモノレール、ライトレール、路面電車などについても検討した結果、プノンペンにはAGTが最もふさわしいという結論に達した」としています。

華商日報(カンボジア華字紙) ビジネスデイリーニュース(2015年8月4日)
参考:http://www.jpzhs.com/forum.php?mod=viewthread&tid=197666

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ