×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

世界銀行 2015年のカンボジア経済成長を7.1%に引上げ

カンボジアタグ:        

LINEで送る
Pocket

世界銀行 2015年のカンボジア経済成長を7.1%に引上げ

世界銀行が年2回発表する「東アジア・大洋州地域の経済報告」によると、カンボジアの2015年の成長率を、前回予測の6.9%から引き上げて7.1%とし、2016年は6.9%成長予測を維持、2017年は6.8%成長と予測されています。

カンボジア経済は、観光客数の鈍化といった外需が低迷しましたが、建設業やサービス業などの内需が好調であり、引き続き経済成長が安定的との見込みです。

また、物価上昇率は、石油や食料品の輸入価格の低下等を盛り込み、2015年は1.5%と予測されました。
特に2015年については、原油価格下落がカンボジア経済にとっては、好影響となり、ガソリン価格が2割低下したことで、消費を1.5%押し上げる効果があると考察しています。

今後の課題としては、国内産業の競争力強化が最重要であり、熟練労働者の育成、貿易振興により、生産性向上が必要であると提言されています。

世界銀行「East Asia Pacific Economic Update, October 2015」
http://pubdocs.worldbank.org/pubdocs/publicdoc/2015/10/414911444005973491/pdf/EAP-Economic-Update-2015-10.pdf

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ