×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

第2六本木ヒルズ・プロジェクトいよいよ始動

日本タグ:  

LINEで送る
Pocket

第2六本木ヒルズ・プロジェクトいよいよ始動

森ビルは2010年10月に「六本木5丁目プロジェクト」の基本計画案を発表し、2015年の社長年頭所感で「虎ノ門・麻布台プロジェクトや六本木5丁目プロジェクトは、六本木ヒルズを超えるようなインパクトを世の中に与えるものになる。」と触れられた、いわゆる「第2六本木ヒルズ・プロジェクト」がいよいよ動き始めています。

「六本木5丁目プロジェクト」のコンセプトは「都心の森をつくる」。
開発エリアは、六本木交差点からロアビルの裏手、東洋英和女学院を含む六本木5丁目西側から六本木ヒルズに至るブロックとなります。
この8ヘクタールというこの都心のど真ん中に広大な森を育てていくというものです。

国際会議にも対応した大規模なカンファレンス、ホテル、学校、住宅、劇場等を併設した複合商業施設が立ち並び、六本木駅直結でアジア拠点企業にふさわしい高水準のオフィス、緑豊かな緑化空間を整備する計画となっており、計画地内では立ち退きが進んでいます。

六本木5丁目エリアは「東京圏 国家戦略特別区域」に指定されており、アジア地域における業務統括拠点、研究開発拠点の誘致に向けて、官民一体となった都市整備が進みます。

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ